Dipped Taper Candle 25cm(2本ペア)

《 西洋の伝統的なキャンドル製法》
小樽キャンドル工房のテーパーキャンドルは西洋の伝統製法であるディッピング製法を忠実に守りながら、より均質に製造できるように改良した製造法によるもので、1本のキャンドルができるまでには約6時間の工程を重ねます。
この製法は1994年にデンマークのキャンドル職人 レーナート=ペーターセン氏より導入したものです。
大量生産の利く注蝋式のキャンドルが普及した今日(こんにち)では、世界的に見ても珍しい製法となってしまいました。

《安定した燃焼》
ディッピング製法で製造したキャンドルは芯が必ずキャンドルの中央にあり、
その周りに均質に蝋が層を成しているので燃焼がとても安定的でなのが特徴です。
注蝋製法でキャンドルを製造した場合には、蝋が固まる際の収縮によって蝋の密度が不均等になります。
「安定した燃焼」は使い比べないと分からない特徴ですが、このキャンドルの最大の魅力なのです。

《色味と質感》
色付けもまた、色のロウに浸して着色するディッピング式。
表面に膜のように付いた蝋は、それ自体が色としてだけでなくビロードのような滑らかな質感を表現します。
また、色味は画一的な単色ではなくニュアンスレベルでの表情があります。
シーンや季節に合わせた色を使うととても素敵です。

《原料・品質》
創業以来のこの製法を守り、原料には世界でも最高水準の品質を持つ日本製パラフィンワックスを使用しています。
精製度の高い原料を使用しているためロウソク臭さが薄いキャンドルです。
現役の機械としては日本にただ1台しかない特注の製造機を用いて、全てのキャンドルを1人の職人の手で完成させます。

《使用方法》
2本のキャンドルが芯で繋がっているのは、伝統製法に基づく販売方式の「名残り」です。
実際に使用する際には芯を切って、それぞれ1本のキャンドルとして使用します。
キャンドルは専用の燭台(テーパーキャンドルホルダー)を用いて垂直に立てて灯して下さい。

《サイズ・燃焼時間目安》
■25cmサイズ
 1本の長さ25cm
 底部の直径20mm(±2mm)
 燃焼時間:約5時間半(1本あたり)

サイズはほかに20cmサイズ30cmサイズがございます。
販売価格 660円(税60円)
購入数

カラー


Top